リコール情報局 |自動車リコール一覧

スポンサーリンク

日産自動車 無資格者完成検査問題

日産自動車株式会社   2017/09/29
日産自動車は、国内すべての工場で、
完成検査を無資格者が行っていたと発表した。
これは、国土交通省の抜き打ち検査で発覚したもので、
検査対象となった、神奈川、栃木、福岡各県と
京都府内の6工場全てで行われていた。
これに対し、国土交通大臣である石井啓一大臣は、
「型式指定制度の根幹を揺るがす行為で極めて遺憾」
とするコメントを発表した。


自動車の完成検査は、道路運送車両法に基づく制度で、
型式指定を受けた車両を出荷する際に有資格者が完成検査を行うのが原則だが、
今回の日産自動車の発表では、
完成検査資格を有しない補助検査員が加わって行っていた。
このことから、道路運送者車両法に違反した車両が、街中を走行していることになり、
これは、道路を安全に利用する観点からして、忌々しき問題である。

 

この違反行為による車両は、出荷前のものがおよそ6万台あり、
これに関しては、現在再検査を実施しているところであり、
それより問題なのはすでに出荷され、販売された車両である。

 

これに該当する車両は、過去3年間で21車種120万台にのぼるとみられる。
日産自動車は、補助検査員が関わった可能性のある車両のうち、
まだ車検を受けていないものについて、リコールする方針だ。

 

この問題は、国土交通省とメーカー側の信頼関係を揺るがす事態だが、
国土交通省側にも問題があり、
完成検査員の認定にあっては、各メーカーの社内規定で認定されることになっており、
国として、認定しているわけではない。

 

これとよく似た事例は過去にもあり、
最近では自動車の燃費不正問題が記憶に新しいところである。

 

【関連情報】
https://newsroom.nissan-global.com/releases/・・・


 



スポンサーリンク

 


最新リコール情報


ケアプロスト